生活スタイルに合わせて部屋の向きを決めよう!

優家具ドットコム

本当に南向きがベスト?

6e7bc391a222b1d1c030e74f029e1455_s
みなさん部屋を探すときに、《日当たり良好》《南向き》という条件をつけていませんか?
確かに、南向きは日当たりがいいので、多くの人に人気がある部屋探しの重要ポイントです。

でも、『南向きの物件=ベスト』というわけではないんですよ〜!
東西南北のそれぞれにメリット・デメリットがあり、人によっては南向きでない方が都合がよかったりもするんです。

そこで今回は、東西南北の部屋の向きのメリットデメリットを紹介します♡

 

東向きの部屋

メリット
東は朝日が昇る方角!
朝は心地よい日差しで目覚めることができます。
日光の入る時間が少ないので、夏場は比較的涼しく過ごせます。
それに、太陽が昇る方向は縁起がいいとして昔から人気の方角で、経営者などはわざわざ東向きの部屋を探す人もいるんですよ〜!

デメリット
朝日が差し込む分、午前中を過ぎてからの日当たりには期待できません。
洗濯物も午前中でないと乾きにくく、朝はゆっくり寝ていたい人や日中家にいる人にはおすすめできません。
冬も寒いです。

西向きの部屋

メリット
実は一般的な人の活動時間帯での日照時間が一番長いのが、西向きの部屋。
特に夕方の日当たりがいいので、室温が高い状態で夜を迎えることができます。
昼以降に洗濯物を干しても乾きやすい!
朝はゆっくり寝ていたい夜型の人にはおすすめ。

デメリット
夕方の日当たりがいいということは、西日がきついということです。
夏場は気温が高くなりとても暑く、部屋の中のものが日焼けしてしまいます。
ただし、日差しを遮る工夫をすれば少しは改善されます。
また、朝は暗く寒いので、朝が苦手な人には起きるのがさらに辛くなってしまうかも。

南向きの部屋

メリット
やはり他の方角と比べると、日当たりが良好♡
日中はほぼ日が差しているので明るいお部屋環境で、冬は部屋の温度を高く保ちやすいです。
洗濯物や布団を干すのもとても快適ですよ。
日中家にいる時間が長い人にはおすすめです。

デメリット
日当たりがいいだけに、人気の方角なので家賃は高め。
夏は日当たりの良さが災いして暑く、エアコン代が高くついてしまうかも。
それに南向きだからと部屋を決めたのに、いざ住んでみるとベランダのひさしが邪魔をして充分に光が部屋に入ってこない、なんてことも。
せっかく南向きの部屋にしたのに意味がなくなってしまわないように、しっかりベランダやバルコニーのひさしもチェックしましょう!
一人暮らしや共働きの人は南向きにこだわる必要はそんなになさそうです。

北向きの部屋

メリット
南と反対の北向きの部屋は当然日が当たりづらいのですが、日光によって木製の家具や書籍が痛む心配がありません!
日当たりは良くないですが、その分窓を大きく取ってあったりして意外と明るかったりします。
夏は涼しく過ごせそうです。
それに、日当たりが悪いというイメージから、家賃は安く設定されていることが多いです♡

デメリット
日当たりが良くないので、部屋の室温は低くなりやすく冬は寒い思いをします。
洗濯物が乾きにくく、室内の湿気が高くなる傾向も。
日中家にいることが多い人は北向きの部屋は避けた方がいいかもしれませんね。

 

南向きにこだわらなくてOK!

download
いかがですか?
こうしてみると、わざわざ人気で家賃も高い南向きに条件を絞って物件探しをするのは損な気がしますよね!

今まで南向きにこだわっていい部屋に出会えてない人は、自分の生活スタイルと照らし合わせて、南向き以外の物件に視野を広げてみるのをおすすめします☆

それぞれの方角の良さを知って、あなたの生活スタイルに合った部屋を見つけてください!

 

☆”部屋探し”に関するその他の記事☆
意外と重要!賃貸物件の構造別メリット・デメリット
実は快適!お部屋選びで敬遠しがちなユニットバスのメリット
フリーレント物件とは?お得な点と注意点

優家具ドットコム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 一人暮らしで病気や怪我をした時って不安ですよね誰か近くに親しい人がいればいいけど、頼れる人が近く…
  2. 一人暮らしでも有効!お風呂の残り湯は節約のカギ!若い人の一人暮らしだと、節約は切っても切れないも…
  3. 『ロフト』はいる?いらない?? ロフト付きのお部屋ってなんだかあこがれちゃいますよね〜!「う…
PAGE TOP