梅雨が来る前に知っておこう!傘の正しい使い方

優家具ドットコム

あなたの傘の使い方は正しい?

6f3fa7bba7dc3e8831b611cc70a8500f_s
これから梅雨がやってきて、傘を使う機会が増えてきます。
毎日のように持ち歩くことになる傘だから、正しい扱い方をしって長持ちさせたいですよね。

でも、傘を持っていると何気なくやってしまう行為が、傘を台無しにしてしまう原因になっているかもしれません!
そこで梅雨本番が来る前に、傘を傷めるNG行為を知り、正しく傘を使えるようにしましょう♡

↓↓傘の撥水効果にお悩みの方はこちら↓↓
傘が雨をはじかない!傘の撥水効果を復活させる方法

もしかしたら、あなたは今まで傘をダメにする使い方をしていたかもしれませんよ〜!

 

傘を手でくるくるたたむ

傘を使って閉じた後、手のひらを使ってくるくると傘をたたみますよね。
でもこの行為は実はNG!!
撥水加工を施してある生地の部分は油に弱いので、頻繁に触るのは傘にとって一番よくないんです。
特に、ハンドクリームを塗った手で触るなんてもってのほか…!
「じゃあどうやって傘をたためばいいの?」
正しい傘のたたみ方は、生地の端を持って重ねるようにしていき、ベルトで留めるのが正解。
なるべく手で触れる面積を少なくするように心がけましょう。

バサバサ振る・床にトントンする

これも無意識にやってしまいがちですよね。
傘を閉じた後に左右に回して水を飛ばしたり、トントンと床を突いて水を切るのも、実はNGなんです!
傘は縦の動きを前提に設計されているので、左右にバサバサと振ったりするのは、骨が外れるなどの壊れる原因となってしまいます。
傘をやさしく開けたり閉じたりを繰り返すのが、雨水を切る正しい方法です。

傘をくるくる回す

傘をさして歩いているときに、つい傘の持ち手をくるくると回してしまっていませんか?
これも傘に大きな負担がかかるNG行為なんです!
ろくろや手元に遠心力がかかり、傘ががたつく原因になってしまいます。

 

早速今日から気を付けよう

07d1f7ea1dfc532690c9204724dce198_s
どれも、傘を持っているとつい無意識にやってしまうことばかり。
それが傘を傷めてしまう原因だったなんて…。

早速今日から正しい傘の使い方を意識してみましょう!

ビニール傘を使っている人は、しっかりした布製の傘を買えば愛着も湧き、大事に扱おうと思えるかもしれません。

正しい傘の扱い方を覚えて、梅雨を乗り切りましょう!

優家具ドットコム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 現代人の疲れやストレスは睡眠不足が原因!?最近よく眠れていますか?睡眠時間が短かったり、睡眠…
  2. 必ずチェックしておきたいお部屋のポイント!お部屋の下見は一人暮らしをするのにとても重要。ここ…
  3. お部屋づくりのポイントとは?一人暮らしを始めるとき、「どんな部屋にしようかな〜♪」とワクワク…
PAGE TOP