必見!衣類を長持ちさせる、素材別洗濯方法

優家具ドットコム

洗濯でこんな失敗したことないですか?

850f1b1e4d70251f0903bf7ea024baad_s
「洗濯したら、洋服が縮んでしまってもう着られない」「まとめて洗ったら白い服に色が移ってしまった」などなど…。

これがせっかく買ったお気に入りの洋服だったら、落ち込みますよね〜。

洗濯する際に気をつけなければならないことの一つが、『 素 材 』です。
すべての服が同じ素材で作られているわけではないので、当然洗濯の方法も違ってきます。

それぞれの素材の特徴を知り、洗濯テクニックを使い分けて、お気に入りの洋服を長持ちさせましょう!

 

素材の特徴と洗濯のコツ

ポリエステル

clothes-381209_640
衣料全般、インテリア製品など

■特徴
丈夫で軽く、しわになりにくい。さらに摩擦にも強い。
■基本の洗濯方法
弱アルカリ性の合成洗剤または石けんなどを使用しましょう。洗濯には一番強いので、特に気にせず洗濯機で洗ってOKです。が、汚れを吸収しやすく落ちにくいという欠点があるので、他のものと一緒に洗うのは避けた方が無難です。

綿素材

58543632e2c15d9d1b492aca88ef0c5c_s
肌着、タオル、Yシャツなど

■特徴
吸湿性、通気性、耐久性に優れ、丈夫
■基本の洗濯方法
弱アルカリ性の合成洗剤もしくは石けんなどを使用し、洗濯機で洗えます。水分をよく吸収するため乾きにくいので、天日干しをしましょう。ただし、色柄物は長時間日光を当てないように気をつけましょう。汚れがひどい場合は塩素系の漂白剤を使用しましょう。

ビニロン

学生服、作業服、テント地など

■特徴
丈夫で摩擦に強い。染めにくいという短所がある
■基本の洗濯方法
弱アルカリ性洗剤などそ使用し、洗濯機で洗えます。すすぎを充分に行わないと洗剤が残ってしまう場合があります。アイロンがけは低温で行わないと生地が傷みます。テカってしまったら、テカリ部分の生地をブラシでこすり、スチームアイロンで少し離しながらスチームだけを当てるとなおりますよ。

ナイロン

stockings-428601_640
スポーツウェア、ストッキング、靴下など

■特徴
引っぱりや摩擦に強く、しわになりにくい
■基本の洗濯方法
中性洗剤などを使用し、洗濯機で洗えます。ただし撥水加工をしているものは洗濯できないので注意。変色しやすいので陰干しを。アイロンがけの必要はありません熱には弱いので乾燥機は使用しないようにしましょう。

cf7aa76cd01b6d60d0e68223cadb576e_s
夏用衣類、ハンカチなど

■特徴
冷涼感がある。吸湿&吸水性が大きく、水や熱にも強い
■基本の洗濯方法
洗濯機で洗えますが、何度も洗うと生地がささくれだってくるので注意が必要です。縮みやすいのですが、ぬるま湯で洗濯すると防げます。しわがついたらアイロンを高温にして当てましょう。縮んだときもアイロンがけをすると元どおりになります。

レーヨン・キュプラ

3bb7b182ab0396d2a574c54a6ae57260_s
婦人下着、裏地、ブラウス、カーテンなど

■特徴
吸湿性があり、肌触りがよい。漂白や染色しやすい
■基本の洗濯方法
洗濯機で洗えるものとそうでないものがあります。洗濯機で洗う場合は中性洗剤で、ネットを使用。基本的には30℃くらいのお湯で押し洗いがオススメです。すすぎも30℃くらいのお湯で。脱水はネットに入れ30秒ほど回しましょう。日光には比較的強く、天日干しができます。

tie-674369_640
ブラウス、ワンピース、スカーフ、ネクタイなど

■特徴
吸収性に富み、保湿性もよく型くずれしにくいが、摩擦や水に弱い。
■基本の洗濯方法
洗濯機で洗えるものとそうでないものがあります。洗濯を何度もすると艶がなくなってきます基本的には30℃くらいのお湯で押し洗いしましょう。洗う場合は中性洗剤を使用してください。すすぎも30℃くらいのお湯で。脱水はネットに入れて30秒ほど回します。干すときは形を整えてから陰干し。温度差によって縮むことがあるので注意しましょう。

アクリル

fashion-984044_640
セーター、カーペット、毛布など

■特徴
毛に似た風合いで、紫外線に強い。引っぱりや摩擦に強く、しわになりにくい反面、静電気を帯びやすく熱に弱い。さらに毛玉ができやすい
■基本の洗濯方法
中性洗剤で、洗濯機で洗えます。伸び縮みしやすいので、洗濯・すすぎとぬるま湯で行います。毛玉ができやすいので裏返して洗うといいですよ。干すときは引っ張るとのびてしまうので、形を整えるようにして陰干し。アイロンがけをするときは低温でタオルを当てて行いましょう。

ウール

clothing-977402_640
セーター、スーツ、コートなど冬の衣料に多い

■特徴
弾力性、保湿性に優れ、肌触りが滑らかで水や湿気を弾くのでむれにくい
■基本の洗濯方法
洗濯機で洗えるものとそうでないものがあります。縮みやすいので洗濯・すすぎはぬるま湯で。30℃くらいのお湯で中性洗剤を入れて押し洗いが基本です。すすぎも同様にぬるま湯で、縮みを防ぐため手早く洗いましょう!脱水はネットに入れて30秒ほど。干すときは形を整えて陰干しします。型くずれや縮みを起こしやすいので平干しするといいでしょう。

カシミヤ・アンゴラ

angora-440162_640
主に冬用衣類

■特徴
保湿性があり、暖かい。カシミヤはヤギの毛で染みに注意。アンゴラはウサギの毛で静電気が起きやすく、毛が抜けやすい。
■基本の洗濯方法
ほとんどのものが洗濯機では洗えないので手洗いします。とてもデリケートで縮みやすいため、洗濯・すすぎはぬるま湯で。基本的には押したりもんだりせずに、30℃くらいのお湯に中性洗剤を入れてつけ洗いします。15分ほどつけ置いて、ネットに入れて15秒ほど脱水。さらに5分ぬるま湯につけ15秒脱水を2回繰り返す。干すときは形を整えて陰干ししましょう。さらに平干しなら型くずれや縮みを防げます

 

これで洗濯の失敗なし!

こちらで説明したのはあくまでも一般的なものなので、同じ素材でも商品によって取り扱い方法も異なる場合もあります。
でも素材の基本、特に弱点を知っておけば洗濯での失敗は減り、衣類が長持ちするはずです。

大事な洋服を着るために、少しだけ洗濯にもこだわってみてはいかがでしょうか♡

優家具ドットコム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 契約する時には保証人の署名と捺印が必要になります。保証人は未成年、成年関係なく必要になります。…
  2. 細菌が繁殖しやすいキッチンスポンジキッチンのシンクには食器洗い用のスポンジがありますよね。実…
  3. 一人暮らしにはクイックルワイパーが大活躍!みなさんは掃除機派ですか?それともクイックルワイパ…
PAGE TOP