契約する時の保証人は誰に頼めばいいの?

契約する時には保証人の署名と捺印が必要になります。

保証人は未成年、成年関係なく必要になります。
保証人はあなたが家賃などを支払えなくなった際に代わりに支払いをしなければいけなくなります。
それなので誰でもいいというわけではなく、ある程度の信頼関係のある人にしましょう。
また、支払い義務が発生するということは保証人に支払い能力があるかも審査されます

a0055_000855_m

一番良いのはやはり親になります。
他にも親戚や会社の上司などが好ましいでしょう。
引越しをすると決めた時に保証人になってもらう方を決めておいて前もって話をしておくとスムーズです。
当然、保証人にも書類を書いてもらわないといけないので急に保証人になってくれ。と言われても困ってしまいますよね。

書類は不動産屋から契約する際に渡されます。
保証人の書類には勤め先収入住所などを細かく書いてもらう必要があるので近くに住んでいる人の方が良いでしょう。
親が遠方にいる際には近くの親戚や会社の上司の方が良い場合もあります。

 

あなたが不動産屋で契約書にサインしたりする場合もきちんと書類に目を通して確認しましょう。
親切な不動産屋ならば「ここに目を通して確認して、良ければここにサインして下さい」としっかり言ってくれます。
「ここにサインして下さい」と言われてすぐサインしてはいけません。
分からない点や疑問があればちゃんと聞いて確認しましょう。
分からないままサインしてしまって後悔しても遅いですよ。

契約書はあなたの分と大家(もしくは不動産屋)の分があります。無くさないようにしっかりと保管しておきましょう。

お部屋の契約をしよう!
契約書の内容はしっかりとチェックして!

優家具ドットコム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です