冬に役立つ防寒グッズで節電もできる防寒対策をしよう!

当たり前ですが、冬は冷え込みますね・・・。
エアコンやストーブ、電気カーペットなど様々な暖房器具は必需品ですが、頼りすぎると電気代もバカになりませんし、空気も乾燥したり汚れたりします。そこで、ちょっとした工夫でエコに暖める方法をご紹介!

部屋を暖めるには「窓対策」

1703cd8652e4753618c6c77dea9176c9_s
冬に部屋が暖かくならない原因は・・・ズバリ「窓」にあります!
窓からは、外からの冷気が入ってきて、さらに部屋の熱が逃げていきます。窓を2重にすれば解決しますが、金銭的に辛かったり踏ん切りが付かない方も多いと思います。そこで、手軽にできるものを紹介していきます!
窓の防寒対策をすることで室温が2〜3℃は変わりますので、窓まわりを防寒対策していきましょう!

断熱カーテン

窓から入り込んでくる冷気を防ぐことは、とても重要です。カーテンの生地を厚いものに変えるだけでも効果はあります。
ですが、断熱カーテンにすることで、さらに部屋の暖かさを保つことができます。断熱カーテンは、生地に断熱効果の高いアルミなどを織り交ぜていたりするので、室内と室外の表面温度の差が5℃以上にもなります。なので、冷暖房などの節約にもつながります!

断熱シート

冬になると、よく見かけるのが「断熱シート」ですね。これを窓に貼り付けることで、部屋の暖かさがガラッと変わります!断熱シートの代わりになるもので「包装に使われるプチプチくん」があります。このプチプチくんを窓に隙間を作らないように貼るだけでも、外からの冷気をシャットアウトできます(見栄え的には悪いですが・・・)。プチプチくんと同じ効果が得られて貼り付けやすいモルトプレーンもいい働きをしてくれます。剥がす時に、跡が残らない養生テープで貼るのがおすすめです!

発泡スチロール

窓の下に発泡スチロールを置くだけでも防寒効果があります。窓の下って意外と冷気が吹き抜けてきますよね。そこで、発泡スチロールを適度な大きさに切って、窓下に置いておくだけで冷気をだいぶシャットアウトできます。冬になると、折りたたみ式の窓用スチロールなども売られていたりもします。

観葉植物

え!?って感じですよね。実は観葉植物を窓際に置いておくと、太陽が登っている間に陽の光と熱を吸収します。コルク質のマットと同じ性質を持っているんです。ですが、効果自体は微弱のため、観葉植物を飾っている人は窓際に移動させてみる程度の考えでいいと思います。

床の防寒対策

39f93fc86a2009be09831ee4ff5aadfd_s
床って冷たいですよね。床が冷えると部屋が暖まりにくいです。
冷たい床だと、足が冷えて血行が悪くなり冷え性や体調不良の原因になってしまいます。

ラグ・カーペット

ふかふかした素材の暖かいラグを敷くことで、足元の冷えに悩むことはなくなります。座ったり寝っ転がる場合などは、銀マットやパズルマットを下に敷くと、さらに防寒対策ができ暖かさを感じることができます。

銀マット・パズルマット

フローリングとかだと冷たさがすごく伝わってきますよね。そこで断熱性の高い銀マットを敷くことで、寒さや床の冷たさをかなり軽減してくれます。

パズルマットは、お子さんがいる方だと使っている方も多いかと思います。このパズルマットは、EVA樹脂でできていて厚みもあり断熱と防音の効果が高いです。デザインも多く、つなぎ合わせやすいので大きさも調整しやすいです。

コルク質のマット

コルク質のマットは、熱を吸収しやすいので陽の光が当たる場所に敷いておくと、部屋を暖めてくれて、冷たい床に震えなくて済みます。100円ショップで売ってたり、はさみで切ったりも簡単です。

部屋で着る防寒グッズと湯たんぽ

bsOK88_mahura-samui20141221141119
厚着すれば暖かくはなりますが、部屋着は軽い方がいいですよね。
着れたり、羽織れたりする防寒グッズをご紹介します!

腹巻き、レッグウォーマー

防寒グッズとしては定番中の定番ですね。足、腰まわり、首を冷やすことは体調不良などにもつながるので温めておきたい部位です。腹巻きは、お腹から腰、お尻までをカバーしてくれます。レッグウォーマーはくるぶしだけのものや、膝下までカバーしてくれるものなどサイズが色々あります。できるだけ試着してみて、締め付けられている感じがしないかなどを確認して購入するのがおすすめです。

ヒートテック

体に密着した感じで着れるインナーで、かなり流行していますよね!保温率は大体20%以上で暖かさを保ってくれます。着てる感じも軽くて快適です。値段も700〜2000円くらいのものが多くお手頃なのも嬉しいです。

ルームシューズ

床が冷たい場合などにお手軽に寒さ対策できるのがルームシューズです。毛糸などの素材で作られているものが多く、とても暖かいのでおすすめです。中には、USBでつないで温度調節ができるヒーター付きのスリッパなどもあります。ルームシューズに共通することですが、結構蒸れたりするので靴下を履いて併用しないと、汗などで衛生的に良くないです。天日干しなどで日頃からお手入れしてあげましょう!

アルミシート

アルミは薄い断熱シートとして使えます。熱を閉じ込めてくれて暖かさを保ってくれて、羽織るだけでも暖かくなります。別名エマージェンシーブランケットとも呼ばれ、防風・防寒・防水に優れ、災害時や避難時などに使われています。
ホットカーペットの下に敷いておくと節電にもなり、お得感満載です!

ブランケット・着る毛布

暖かい毛布を羽織って、腕や足が出せるという防寒グッズ!デザイン豊富で可愛い物も多く、外に出ても平気なくらいオシャレなものまであります。静電気防止はもちろん手洗いや丸洗いができるので、お手入れも簡単です。

湯たんぽ

最後に湯たんぽです。かなり古くから使われている防寒グッズですね。中にお湯を入れて使うので、火も電気も使わず、乾燥や埃などの心配もいらないです。寝る前に足元に置いたりするのが主な使い方ですね。中のお湯は、掃除などにも使えるのでとってもエコです!最近では、レンジで温めて使えるなど手軽なものも増えてきています。

まとめ

窓の対策をするだけでも、冷気を遮断して熱を逃さなくするので、かなりの防寒対策ができます。
床が冷えていると、部屋全体が暖まりにくいので、カーペットなどを敷いて対策する必要があります。
一人暮らしの方などは、部屋で着れる防寒グッズなどで、手軽に防寒対策するのがおすすめです!
寒い冬をエコに乗り切りましょう!

優家具ドットコム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. マットレスにも種類がありすぎて迷っちゃう!これから一人暮らしに皆さんは、「とりあえずベッ…
  2. 一人暮らしは要注意!飽食の現代日本でも、栄養失調になる人は多いようです。特に一人暮らしの人が…
  3. 昼間はソファー、寝るときはベッド、そんな便利な2つの顔を持つのが「ソファーベッド」です。スペースの節…
PAGE TOP