一人暮らしの節約の強〜い味方!もやしの保存方法

優家具ドットコム

安い!おいしい!栄養がある!

9c8dd59c87aae32b31b0bcada89568e8_s
スーパーで売っている野菜で一番安いのは、もやしじゃないでしょうか。
もともと安いのに、安売りの日にさらに値段が安くなっているのを見ると、ついつい2,3袋買ってしまうんですよね〜。

そんなもやしは、一人暮らしの人にもそうでない人にとっても、節約の強い味方!

しかも、安くておいしいだけでなく、栄養だってたっぷり♡
もやしにはビタミンC(鉄分の吸収をよくしたり、コレステロールを低下する)、カリウム(血圧うを下げ、血液循環を調整してくれる)、食物繊維(腸内環境を整える)、アスパラギン酸(疲労回復の効能がある)などの栄養が含まれているんです。

安いおいしい栄養たっぷり》の3拍子揃ったもやしでも、弱点があります。
それは、傷みやすい ということ。

いくら節約に大活躍するからといってまとめ買いしたり、うっかり料理に使うのを忘れてしまうと元も子もありません。

そこで、もやしを長持ちさせる保存方法をいくつかご紹介します!!

 

その1
熱湯をかけてから冷蔵保存

栄養価と鮮度の両方を保ちながら保存するには、この方法。
もやしは長時間水にさらすとビタミンCが流れ出ていってしまいます。
そのため、袋から出したら洗わずにザルに入れ、熱湯を素早くかけましょう
冷めたら、密閉容器や密閉袋に入れて冷蔵庫で保存。使うときはさっと水洗いすると、こもっていたにおいなどが気にならなくなりますよ♪
保存期間は1〜2日程

その2
ひげをとって水に浸ける

もう少し長く冷蔵保存したいときは、こちらの方法がおすすめ。
もやしはひげの部分から傷みはじめるので、ひとつひとつひげの部分を取り除きます
ひげを取ったもやしは保存容器に入れ、さらに水をひたひたに入れましょう。
水は毎日取り替えてくださいね。
この方法で長くて1週間はもつと言われていますが、日に日に鮮度は落ちていくのでなるべく早めに食べきるのがいいですよ。
保存期間は夏場は5日程、冬場なら1週間程

その3
袋に穴をあける

「買った翌日には使う予定だから、それまで鮮度を保ちたい」ということなら、爪楊枝で袋に数カ所穴を開けましょう
もやしが呼吸できるようになり、傷みにくくなります。
これなら手間もほとんどなく鮮度を保てますね♪
保存期間は1日程

その4
冷凍保存

実はもやし、冷凍保存ができるんです〜!
冷凍すると、シャキシャキ感は減りますが、大量に買った日などは冷凍保存しておくといいでしょう。
方法は、さっと洗って軽く湯通ししたら、キッチンペーパーなどで水気を取り、小分けしてラップに包みます
密閉袋にまとめて入れて、冷凍庫に入れておけばOK!
使うときは、自然解凍せずにそのままスープや炒め物に♪
保存期間は2〜3週間程

 

上手に保存して、賢く節約生活を!

1a9c8c20d6f98009836bbdac2aec87d3_s
節約に最適なもやし、「食べきれる分だけ買わなきゃ」「買ったらすぐ食べなきゃ」と思っていましたが、すこし手間をかければちゃんと保存できるんですね〜!
これならストック野菜として、いつでも料理に活用することができます♪

もやしを上手に保存して、毎日の料理や節約に大活躍させましょう♡

優家具ドットコム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. ミニマリストと一人暮らしは相性がいい!ミニマリストとは「必要最低限の物で生活する人」のことを…
  2. フライパンで料理作りたいけど、いつも同じような炒め物になってしまう時ありますよね!今回はそんなマ…
  3. 一人暮らしの平均費用を知っておこう!一人暮らしをこれから始める人、または始めたばかりの人は月…
PAGE TOP