気になる物件が見つかったら!

気になる物件が見つかりました!で、何をすればいいの?

まずはその部屋を取り扱っている不動産屋へ電話しましょう。
直接行ってもいいのですが、電話で予約をしてから行くのがマナーです
また、電話で予約をした際に気になっている物件の事やその他にどんな物件が良いかを伝えておくと○
不動産屋があらかじめ複数の物件を探しておいてくれるかもしれません。
bsDI_IMG_5788500

一つ注意しておきたいのが、その不動産屋が親切な所か、あまり親切でない不動産屋かどうかです。
これは担当者にもよると思いますが、きちんと話を聞いてくれて、質問した事に対する回答をしっかりと答えてくれるかどうか。
金額の事もきちんと聞いておきましょう。
質問しても曖昧な受け答えしかしてくれず、ただ書類を突き出してくるような不動産屋には注意して下さい。

さて、親切な不動産屋で気になる物件も数件見つかりました。

 

下見にも準備が必要!

下見に行くにも準備が必要です。
下見に行く日は時間に余裕がある日にしましょう。
丸一日予定が無い方が時間を気にせずにゆっくりと決められますから安心です。

2-6floor

下見に行く時に必要な物を確認しておきましょう。
□見取り図。これはインターネットで探したものを印刷していったり、不動産屋がくれたものを持って行きましょう。
見取り図が小さい場合、拡大コピーをしておくと後々便利です。
□筆記用具とメモ帳。気になったことや質問したことを必ずメモして下さい。
□メジャー(巻尺)は必須アイテムです。部屋の寸法やカーテンの長さ、洗濯機の大きさ。などなど測らなければいけない所はたくさんあります。
測った所は見取り図にメモしておくと分かりやすいですよ。(その為の拡大コピーです)
□デジカメ(今はスマートフォンがあれば大丈夫ですね)は部屋の気になる所の写真を撮っておきたいですね。
後から見直したりできますし、インテリアや家具などを揃える時の参考にもなります。必須アイテムではないですが、便利アイテムです。

下見に行く時に必要なものは以上です。

時間があれば、気になっている物件の周辺地図などを見てみると良いかもしれません。
実際に見に行くので必要ないと思われるかもしれませんが、コンビニやスーパーの位置、駅から部屋までどんなお店があるのか。
見てみると楽しいですよ。

さあ、いよいよお部屋を見に行きましょう。
物件の下見チェックリスト・・・エクセル
物件の下見チェックリスト・・・PDF

優家具ドットコム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です