まな板を清潔に!正しいお手入れ方法とおすすめの除菌頻度

使った後のまな板どうしてる?

a0001_015809
まな板は食品が直接触れるものだから、常に清潔に保っていたいですよね。

「あまり料理はしないから、まな板もたまにしか使わない」という人も、生肉や生魚を調理するなら除菌をしないと食中毒になりかねません!

でも、まな板のお手入れって実際にはどうすればいいの…?

そんな今さら人に聞けない、まな板の正しいお手入れ方法や除菌の頻度について教えます!

 

日常のまな板のお手入れ方法

▼しっかり洗って乾燥させる
まな板を使用した後は、洗剤をつけて洗いましょう!
使った表面はもちろん、裏面も忘れずに。
そして雑菌の繁殖を防ぐために、しっかりと乾燥させることが重要なポイントです!

↓ ↓ 洗うスポンジも清潔に♪ ↓↓
家の中で一番汚い!?キッチンスポンジを清潔に保つ方法

▼たわしを使う
まな板は使っていくと、気付かないうちに包丁で傷がついていきます。
その傷に雑菌が入り込みやすいので、たわしを使って擦り洗いするのがおすすすめです。

 

除菌をする頻度は?

0c0964135e686aef60901849cd3c8ead_s
日常のお手入れだけでなく、まな板は除菌もしましょう!
毎日除菌するのが理想ですが、忙しい毎日ではちょっと難しいですよね。
せめて、2〜3日に1度は除菌をするようにしましょう。

また、生肉や生魚を調理したときは、必ず除菌するように心がけましょう!
生肉を切ったあとのまな板でサラダの野菜を切るなんて、食中毒の危険があるので避けましょう。

 

除菌方法は?

▼手軽な熱湯消毒
洗剤で洗ったまな板に、熱湯を回しかけるだけで除菌ができちゃいます。
これはとても手軽なので、まな板の熱湯消毒はぜひ習慣にしたいですね♪
ちなみに、まな板を洗う前に熱湯をかけるとタンパク質が固まって落ちなくなるので、熱湯消毒は必ずまな板を洗った後にやりましょう。

▼おなじみ!漂白剤を使う
除菌といえば、これ!漂白剤ですね!!
漂白剤を使った除菌のポイントは、漂白剤をまんべんなくつけること。
まな板に漂白剤をかけたら、ふきんやキッチンペーパーをかけておくのがポイントです♪
また、ラップを密着させるのも効果的!
ラップをぐるっと巻けば両面同時に除菌できて楽ですよ〜。

▼天気のいい日には、天日干しを
プラスチック製でも木のまな板でもどちらにも有効な方法です。
しっかり洗って、水分を拭き取ったまな板をお日様に当てましょう。
天気のいい日にはぜひやってみてください♪

▼除菌スプレーやアルコール消毒
洗った後に除菌スプレーやアルコールをスプレーしておくだけでも除菌ができます。
これも簡単にできるので、こまめに除菌できるうれしい方法ですよね!
スプレーする前には、まな板の水分をしっかりと拭き取ってくださいね。

 

食材が直接触れるものだから

cooking-698605_1280
口に入る食材が直接触れるまな板。
まな板のお手入れや除菌をしっかり行うことは重要です!!

まな板は、野菜用・肉用・魚用など食材によって使い分けるのがベストです。
でもそんなにいくつもまな板を置いておけない狭いキッチンなどでは、自分がやりやすい方法でこまめに除菌をするようにしましょう。

清潔なまな板でおいしい料理を作りましょう♡

 

☆こちらもおすすめ☆
家の中で一番汚い!?キッチンスポンジを清潔に保つ方法

優家具ドットコム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 早くも夏到来!掃除は終わってる?今年は梅雨が短く、早くも夏到来を感じさせる暑さですね!…
  2. 何かと便利な豆腐!安くておいしく、さらに栄養満点の豆腐は一人暮らしの欠かせない食材のひとつで…
  3. まっしろなインテリアが人気! いろいろなインテリアのテイストがある中、ホワイトを基調にした白…
PAGE TOP