どんな部屋にする?一人暮らしのインテリアの選び方

お部屋づくりのポイントとは?

548eda7292446d157a1cad0e7f01cb1d_s
一人暮らしを始めるとき、「どんな部屋にしようかな〜♪」とワクワクしますよね!

せっかくの新生活、おしゃれで暮らしやすいお部屋づくりを目指したいですよね。
でもなにもないガラーンとした部屋をみると、理想通りの部屋を一からつくるのはちょっと大変。

今回は一人暮らしのインテリアの選び方のポイントを教えちゃいます!

 

最初にベッドを選ぶべし!

bedroom-405920_1280
一人暮らしのインテリアでは、一番大きい家具であろうベッドから選ぶのがおすすめ。
良質な睡眠を得るためにも寝心地のよいベッドを選ぶのが大切ですが、サイズ感や高さも選ぶのに重要なポイントになります。

例えば6畳の部屋のなのに、広く寝たいからといってセミダブルのベッドを買ってしまっては部屋が一気に窮屈になります。
6畳の部屋の場合はコンパクトなシングルサイズを選ぶようにしましょう。
セミダブルなどの大きめのベッドは部屋が8畳以上ある場合に選びましょう。

また部屋を広く見せるためには、ロータイプのベッドがおすすめ!
壁の色と同じ色合いのベッドを選べば、さらに部屋が広々として見えますよ。

自分にぴったりのベッドはどれ?ベッドの種類別メリット・デメリット
人気のおすすめフロアベッドをネット通販で探してみよう☆

テレビ台を買うときはテーブルの高さも確認!

television-1226196_1280
テレビを部屋に置くなら、テレビ台を買う人がほとんどでしょう。
でも、テレビ台単体で選ぶと失敗することが多いんです!

テレビの前にはだいたいテーブルを置きますよね。
なので、テーブルとテレビ台の両方の高さを意識して選ぶようにすると、どちらかが妙に高かったり低かったりとテレビが見づらくなることもなくなります。

一般的に、テレビ台とテーブルは同じ高さか、テーブルがやや低い法が使いやすいと言われています。
高さのあるテーブルを使うときは、テレビ台との距離を広めにとるようにすればOK。

自分の部屋に合うテレビ台を知っておこう!
一人暮らしでもテレビ台を置いてスッキリとした空間に

ソファーは訪問者を意識して選ぶ

love-seat-1090458_1280
一人暮らしの狭い部屋でソファーは必要か、迷っている人もいると思います。
床に座るよりソファーの方がリラックスできるし、部屋の雰囲気もよくなるので私はソファーの購入をおすすめします!

選び方は、あなたの部屋にどのくらいの頻度で来客があるか考えてみましょう。
友達や親などの訪問者が少ないのであれば、一人用の1Pソファーで充分リラックスして過ごすことができます。
逆に人を呼ぶ機会が多い人は、ちょっと窮屈でも2Pソファーがおすすめです。

一人暮らしにおすすめのソファ
まるでホテル♡一人暮らしの狭い部屋には“一人掛けソファ” がおすすめ

小さめのインテリアを選ぶ

chair-902403_1280
一人暮らしの部屋はそんなに広くはないですよね。
大きな家具ばかりを選んでいると、すぐに部屋がいっぱいに!
威圧感のあるくつろげない部屋になってしまいます。

椅子や机などは、部屋に配置するスペースがあるからといって大きめのものを選ばず、「少し小さいかな?」と感じるサイズを選ぶようにしましょう。
小さすぎて使いづらいものは当然NGですが、小さめサイズが一人暮らしの部屋にはちょうどよかったりします。

ラグはインテリアの救世主!

スクリーンショット 2016-07-25 18.10.18
お部屋づくりがほとんど終わったものの、なんとなく寂しい気がする…。
そんなときはラグを敷いてみましょう!

形やサイズもいろいろあるラグなら、一人暮らしの狭い部屋にも合うものがあるはず。
ラグを敷くだけで部屋の雰囲気が驚くほど変わりますよ♡
季節ごとにラグを変えるのも気分転換になっていいですよね。

また姿見やドレッサーの下に小さめのラグを敷いて、部屋の一番奥に配置してみてください。
そうすると、部屋に入ったときにそこに視線が集まって空間が広く感じられるんです!

部屋を涼しく演出する!暑い季節におすすめの夏用ラグ

 

最後に

doll-house-1473995_1280
一人暮らしの部屋は、自分の好きなインテリアで揃えることができる贅沢な空間です。
だからといって、『好きなものを好きなだけ』では部屋が窮屈になったり、リラックスできない部屋になってしまいます。
それではせっかくのお気に入りのインテリアも台無しです。

インテリアを選ぶときは、上記のポイントを頭に入れつつ部屋づくりをしていきましょう!

なるべく購入するショップを絞るのもまとまりのあるおしゃれな部屋をつくるポイントです。
いろいろなテイストのショップでアイテムを買い揃えると、インテリアがごちゃごちゃしてしまう傾向があります。

ポイントを抑えて、最高の一人暮らしの部屋づくりをしましょう!

優家具ドットコム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 東京のど真ん中なのにリラックスタウン!杉並区は東京23区の最も西にある地区の一つです。自…
  2. 自分の家にも生活臭があるかも?友達の家などに行くと独特な「家のにおい」がする時があります…
  3. 毎日疲れていませんか?仕事や学校、そして家事…毎日忙しく頑張っていると、当然疲れも溜まってき…
PAGE TOP